運動生化学ハンドブック

Michael E.Houston 著 ; 山田茂 監訳

近年、運動生化学や運動分子生物学の研究手法を用いた研究が盛んに行われている。これらはとくにエネルギー代謝や組織構築に関与する生体物質の増減や変換など、生理的機能と密接に関係する物質に着目した研究である。たとえば、速筋線維と遅筋線維の収縮速度や収縮力などの生理的機能は、収縮タンパク質であるミオシン分子や調整タンパク質であるトロポニンやトロポミオシン分子のアイソフォームの違いなどから説明される。本書は、これらの現象を考えるうえで基本となる項目が簡潔にまとめられ、運動に関する生化学的問題点や方向性についてもその指針が示されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 主要構成物質(アミノ酸、ペプチド、タンパク質
  • 酵素
  • ヌクレオチド、DNA、RNA)
  • 2 代謝(生体エネルギー論
  • 酸化的リン酸化
  • 糖質の代謝 ほか)
  • 3 転写、タンパク質の合成および分解(転写とその制御
  • タンパク質の合成と分解)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 運動生化学ハンドブック
著作者等 Houston, Michael E
山田 茂
書名ヨミ ウンドウ セイカガク ハンドブック
書名別名 Biochemistry primer for exercise science. (2nd ed.)
出版元 ナップ
刊行年月 2004.1
ページ数 220p
大きさ 26cm
ISBN 4931411371
NCID BA65628389
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20669729
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想