日露戦争スタディーズ

小森陽一, 成田龍一 編著

メディアと報道、戦場と植民地、地域社会と軍隊、銃後と民衆運動、記憶と慰霊…。近代日本を方向づけたあの戦争、あの時代、あの社会を、世紀をこえていま問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日露戦争を語るもの
  • 想像の戦争戦場の記録-『愛弟通信』『第二軍従征日記』『大役小志』を中心に
  • 義和団出兵/日露戦争の地政学-補給基地としての日本
  • 地域史としての日露戦争-陸軍輸送拠点・広島から
  • 「国民」の跛行的形成-日露戦争と民衆運動
  • 婆の力-奥村五百子と愛国婦人会
  • 日露戦争とロシア社会-戦争熱から革命へ
  • 棄却されしものたち-日露戦争の経験と樺太
  • 日露戦争の記憶、記憶の中の日露戦争
  • 慰霊の政治学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日露戦争スタディーズ
著作者等 Gordon, Andrew
Mikhaĭlova, I︠U︡. D.
伊香 俊哉
北原 恵
原田 敬一
土屋 好古
坪井 秀人
大江 志乃夫
大谷 正
奥泉 光
小森 陽一
川村 湊
市野川 容孝
成田 竜一
斉藤 美奈子
木下 直之
李 妍淑
紅野 謙介
荒川 章二
飯田 祐子
木下 路子
山崎 文子
書名ヨミ ニチロ センソウ スタディーズ
書名別名 Nichiro senso sutadizu
出版元 紀伊國屋書店
刊行年月 2004.2
ページ数 262p
大きさ 21cm
ISBN 431400956X
NCID BA65604143
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20573473
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想