ぼくたちの七〇年代

高平哲郎 著

1979年12月2日、植草甚一が死んだ。そのとき、ぼくたちの七〇年代が終った。幻の雑誌『ワンダーランド』から『宝島』へ。テレビ番組『笑ってる場合ですよ』から『今夜は最高!』へ。植草甚一をはじめ、林家三平、由利徹、赤塚不二夫、滝大作、浅井慎平、山下洋輔、タモリ、景山民夫、所ジョージたちと仕事をし、真剣に遊んだ、おかしくも混沌とした日々がよみがえる。コピーライター、雑誌編集者、放送作家、演出家として、七〇年代サブカルチャーの生まれる現場にいた著者の回想。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 若い季節・序章その1
  • 無責任一代男・序章その2
  • ざんげの値打ちもない・1970
  • ジャニスを聴きながら・1971
  • サラリーマンは気楽な稼業と来たもんだ・1971
  • のんびりゆこうよ、おれたちは・1972
  • あっしにはかかわりのねえことでござんす・1972
  • まるで転がる石のように・1973
  • じっとがまんの子であった・1973
  • と日記には書いておこう・1974〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくたちの七〇年代
著作者等 高平 哲郎
書名ヨミ ボクタチ ノ ナナジュウネンダイ
書名別名 Bokutachi no nanajunendai
出版元 晶文社
刊行年月 2004.1
ページ数 267p
大きさ 20cm
ISBN 4794966024
NCID BA65602421
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20551431
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想