砂漠の戦場にもバラは咲く

姜仁仙 著 ; 大澤文護, 堀山明子, 西岡省二 訳

戦争を経験するということは、以前の自分に戻れないということだ。戦争はイラクの地でも、私の中でも続いている。私はどう変わってしまったのだろう-私は何か大変な経験をしたようでもあり、何もなかったようでもある。とにかく、私は生きて帰り、今、この文章を書いている-バグダッドへ進撃する、米軍部隊に同行した40日。女性ジャーナリストがつづる"本当の戦争の話"。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 戦争に至る道(不思議な夢、それにもかかわらず…
  • 「不思議の国」のキャンプバージニアに行く
  • 砂漠を越える人とは ほか)
  • 2 戦争の只中(真夜中のミサイル花火
  • イラク国境を越える
  • イラク領で迷子になる ほか)
  • 3 戦争が終わった後(人生は繰り返す
  • クウェート脱出作戦
  • ワシントンに)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 砂漠の戦場にもバラは咲く
著作者等 堀山 明子
大沢 文護
姜 仁仙
西岡 省二
毎日新聞外信部
書名ヨミ サバク ノ センジョウ ニモ バラ ワ サク : イラク センソウ ジュウグン シュザイキ
書名別名 イラク戦争従軍取材記
出版元 毎日新聞社
刊行年月 2003.12
ページ数 269p
大きさ 20cm
ISBN 4620316709
NCID BA65547629
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20541660
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想