史上最悪のインフルエンザ : 忘れられたパンデミック

アルフレッド・W.クロスビー 著 ; 西村秀一 訳

少なく見積もっても2500万人以上の死者を出したといわれる、1918‐1919年のインフルエンザ(通称「スペインかぜ」)。本書は社会・政治・医学史にまたがるこの史上最大規模の疫禍の全貌を初めて明らかにした感染症学・疫病史研究の必読書であり、アメリカでは1976年から現在まで版を重ね続けている。この中で著者は、世界情勢と流行拡大の関連のようなマクロな事象から一兵卒の病床の様子まで、当時の記録を丹念に掘り起こす。特に大都市での流行(第六章、第七章に詳説)が「グランギニョール的カオス」に至る様は、読者のこの病への畏怖を新たにさせずにはいられない。しかしインフルエンザの真の恐ろしさは、罹患者数の莫大さによって実はけっして少なくない死者数が覆い隠され、「みんなが罹り誰も死なない」病として軽んじられることにあると著者は警告する。もしウイルスが例年以上に感染力や毒性の激烈なものへと悪性化したら?実際、インフルエンザのパンデミック(汎世界的大流行)は大震災に似て、人類の歴史上数十年の間隔を置いて繰り返しているという。来るべきパンデミックに備え、改めて史上最悪のインフルエンザの記憶をたどり、社会あるいは個人レベルの危機管理の問題点を洗い直すために本書は欠かせない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 スパニッシュ・インフルエンザ序論(大いなる影)
  • 第2部 スパニッシュ・インフルエンザ第一波-1918年春・夏(インフルエンザウイルスの進撃
  • 3か所同時感染爆発-アフリカ、ヨーロッパ、そしてアメリカ)
  • 第3部 第二波および第三波(注目しはじめたアメリカ
  • スパニッシュ・インフルエンザ、合衆国全土を席巻 ほか)
  • 第4部 測定、研究、結論、そして混乱(統計、定義、憶測
  • サモアとアラスカ ほか)
  • 第5部 結び(人の記憶というもの-その奇妙さについて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 史上最悪のインフルエンザ : 忘れられたパンデミック
著作者等 Crosby, Alfred W
西村 秀一
クロスビー アルフレッド・W.
書名ヨミ シジョウ サイアク ノ インフルエンザ : ワスレラレタ パンデミック
書名別名 America's forgotten pandemic
出版元 みすず書房
刊行年月 2004.1
ページ数 420, 55p
大きさ 22cm
ISBN 4622070812
NCID BA65543388
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20545408
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想