日本帝国の申し子 : 高敞の金一族と韓国資本主義の植民地起源1876-1945

カーター・J.エッカート 著 ; 小谷まさ代 訳

日本統治の経験は朝鮮の工業化にいかなる影響をおよぼしたのか。それは戦後韓国・朴正煕政権時代の驚異的な経済成長とどのようにつながっているのか。朝鮮史研究の第一人者、ハーバード大学のエッカート教授が、史上初の朝鮮資本による大規模企業「京城紡織株式会社」の発展と拡大、そしてこれを経営した高敞(全羅北道)の金一族が産業資本家として成功をおさめるにいたったプロセスを精緻に検証。日韓近現代史における最重要のテーマである日本の植民地統治の「遺産」を初めて公正に評価し、欧米で高く評価された労作。日韓近現代史に根本的な書き換えを迫る、真に革新的な研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 朝鮮における資本主義の誕生(商人と地主-資本の蓄積、一八七六年〜一九一九年
  • 産業資本家-胎動と誕生、一九一九年〜四五年)
  • 第2部 発展のパターン(資本家階級と国家-金融面での結びつき
  • 資本家階級と国家-経営上のパートナー
  • 本国と後背地のはざまで-原料と技術獲得
  • 本国と後背地のはざまで-市場を求めて)
  • 第3部 資本家階級と市民社会(「文句をいわずに」-資本家は労働者階級をどう扱ったか
  • 祖国よりも階級の利益を-内鮮一体と朝鮮の資本家階級)
  • 植民地時代の遺産

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本帝国の申し子 : 高敞の金一族と韓国資本主義の植民地起源1876-1945
著作者等 Eckert, Carter J
小谷 まさ代
エッカート カーター・J.
書名ヨミ ニホン テイコク ノ モウシゴ : コウショウ ノ キン イチゾク ト カンコク シホン シュギ ノ ショクミンチ キゲン 1876 - 1945
書名別名 Offspring of empire

Nihon teikoku no moshigo
出版元 草思社
刊行年月 2004.1
ページ数 454p
大きさ 20cm
ISBN 4794212755
NCID BA65520123
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20551345
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想