ソロモン諸島 : 最後の熱帯林

大塚柳太郎 編

近年のグローバル化とともに商業伐採の最前線となったソロモン諸島。ミクロコスモスのなかで独自の文化をはぐくんできた住民たちは、外部の論理と衝突し、内部でもさまざまな葛藤を繰り返している。開発と環境保全のはざまで揺れるソロモン諸島の人びとの生活世界を、地域社会から浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 熱帯林のなかの生活世界-ソロモン諸島のエスノヒストリー
  • 1部 開発のなかで暮らす人びと(ライフスタイルの変容と健康・栄養
  • 急速な人口増加の成因と帰結
  • 民俗知識に基づく人間・植物・動物の関係)
  • 2部 村のなかからみる開発(森林伐採の受容にみる「伝統」と「近代」の葛藤
  • 商業伐採にともなう森林利用の混乱と再構築
  • 持続的商業伐採が引き起こす社会変容)
  • 3部 開発への社会的対応(国家政策に抗する森林開発
  • 開発に生きる女性たち)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソロモン諸島 : 最後の熱帯林
著作者等 大塚 柳太郎
書名ヨミ ソロモン ショトウ : サイゴ ノ ネッタイリン
シリーズ名 島の生活世界と開発 1
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2004.1
ページ数 236p
大きさ 22cm
ISBN 4130341715
NCID BA65494089
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20557448
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想