近代水源林の誕生とその軌跡 : 森林と都市の環境史

泉桂子 著

本書は水源林という一見特殊でまた全国的にほんの一握りにしかすぎない森林がどのように生まれ、今日まで歩んできたかを実証的に描き出すものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 水源林の現代的意義とその課題
  • 第2章 山梨県における明治期の森林荒廃-林政への抵抗と山村の経済活動
  • 第3章 東京市水道水源林の形成過程-明治期に現れたいくつかの経営計画を中心として
  • 第4章 横浜市道志水源涵養林の形成過程-源流域に展開する下流の水源保護活動
  • 第5章 甲府市水源林の形成過程-私企業と水利用者との森林をめぐる相克
  • 第6章 東京市水源林における戦前・戦中期の経営展開
  • 第7章 東京都水道水源林における戦後期の経営展開-水源涵養機能高度発揮型計画への道程
  • 第8章 水源林からの教訓

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代水源林の誕生とその軌跡 : 森林と都市の環境史
著作者等 泉 桂子
書名ヨミ キンダイ スイゲンリン ノ タンジョウ ト ソノ キセキ : モリ ト トシ ノ カンキョウシ
書名別名 Kindai suigenrin no tanjo to sono kiseki
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2004.1
ページ数 278p
大きさ 22cm
ISBN 4130760262
NCID BA65469208
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20571677
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想