絵でわかる血液のはたらき

八幡義人 著

赤血球は酸素を運び、白血球は体を守り、血小板は血を止める。血液のはたらきとその病気のしくみが一目でわかる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 血液とはどんなもの?(生命の誕生と血液
  • 血液の組成-血漿成分と血球成分 ほか)
  • 第2章 血液をめぐる不思議(血液細胞はどう発生するか?
  • 血液細胞から肝臓ができる? ほか)
  • 第3章 赤血球のはたらきと病気(酸素運搬の担い手はヘモグロビン
  • 赤血球の長生きの秘訣 ほか)
  • 第4章 白血球のはたらきと病気(生体防御細胞としての白血球
  • 細胞の増殖と腫瘍化 ほか)
  • 第5章 止血のしくみとその異常(止血機構のあらまし
  • 血液凝固のメカニズムと凝固因子 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絵でわかる血液のはたらき
著作者等 八幡 義人
講談社サイエンティフィク
書名ヨミ エ デ ワカル ケツエキ ノ ハタラキ
出版元 講談社
刊行年月 2004.1
ページ数 178p
大きさ 21cm
ISBN 4061547526
NCID BA65402218
BB00435026
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20548847
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想