日本はなぜユダヤ人を迫害しなかったのか : ナチス時代のハルビン・神戸・上海

ハインツ・エーバーハルト・マウル 著 ; 黒川剛 訳

やがて大量虐殺へと進むヒトラーの迫害を逃れて極東にやってきたユダヤ人に、日本はどう対処したのか?ユダヤ問題を直接的に体験してこなかった日本は、彼らの世界支配の陰謀と呼ばれるものへの恐怖感と、残虐な人種政策の犠牲者への同情のはざまで一貫した対応はできなかった。しかし、リトアニアでの杉原千畝副領事の「命のビザ発給」、満洲での樋口季一郎将軍の「大量難民救出」など、ナチス・ドイツに同調せず、ユダヤ人を絶滅から救った例もある。ハルビン・神戸・上海を舞台に、当時の日本の関わりを克明に描いた労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 反ユダヤの幻影(シフの功罪
  • 皇道派と統制派 ほか)
  • 第2章 ハルビンから上海まで(関東軍と樋口の介入
  • 結節点ハルビン ほか)
  • 第3章 通過国日本(命を救った外交官、杉原副領事
  • 情報収集の命をうけて ほか)
  • 第4章 極東のゲシュタポと「ゲットー」(「粗暴の輩」マイジンガー
  • 上海ミッション ほか)
  • 第5章 文献にみる日本のユダヤ政策(日本のユダヤ研究
  • 反ユダヤ主義と超国家主義 ほか)
  • 第6章 エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本はなぜユダヤ人を迫害しなかったのか : ナチス時代のハルビン・神戸・上海
著作者等 Maul, Heinz Eberhard
黒川 剛
マウル ハインツ・エーバーハルト
書名ヨミ ニホン ワ ナゼ ユダヤジン オ ハクガイ シナカッタノカ : ナチス ジダイ ノ ハルビン コウベ シャンハイ
出版元 芙蓉書房
刊行年月 2004.1
ページ数 230p
大きさ 20cm
ISBN 4829503386
NCID BA65389313
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20555852
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想