ヴェーバー宗教社会学の新展開 : 巨匠たちとの対比を通して

小笠原眞 著

[目次]

  • 第1章 カール・H.マルクスとマックス・ヴェーバー-特に"唯物史観"をめぐって
  • 第2章 フリードリヒ・ニーチェとマックス・ヴェーバー-特に"ルサンティマン"論を中心に
  • 第3章 ヴェルナー・ゾムバルトとマックス・ヴェーバー-特に"資本主義精神起源論"をめぐって
  • 第4章 マックス・ヴェーバーとエルンスト・トレルチ-特に"プロテスタンティズムと近代世界"の関連をめぐって
  • 第5章 マックス・ヴェーバーとリチャード・H.トーニー-特に"キリスト教と資本主義"の関連をめぐって
  • 第6章 マックス・ヴェーバーとヨーゼフ・A.シュムペーター-特に"資本主義の生成・発展・衰退"に関する理論を中心に
  • 第7章 マックス・ヴェーバーとユルゲン・ハーバーマス-特に"合理化"論をめぐって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴェーバー宗教社会学の新展開 : 巨匠たちとの対比を通して
著作者等 小笠原 真
書名ヨミ ヴェーバー シュウキョウ シャカイガク ノ シンテンカイ : キョショウタチ トノ タイヒ オ トオシテ
書名別名 Veba shukyo shakaigaku no shintenkai
出版元 有斐閣
刊行年月 2003.12
ページ数 246p
大きさ 22cm
ISBN 4641076774
NCID BA65386563
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20551237
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想