民事訴訟法

上田徹一郎 著

裁判の迅速化に基づく計画審理主義、提訴前予告通知・提訴前証拠収集、専門委員制度、知的財産権関係訴訟の管轄集中化、簡裁における「和解に代わる決定」の導入、少額訴訟の訴額・事物管轄の引上げ等の内容を盛り込んだ基本書。平成15年改正法に対応。「裁判の迅速化に関する法律」、新「人事訴訟法」を加味した解説。最新の判例・文献・学説・少数説を網羅。新説・修正部分を旧法との関係で位置づけた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 民事紛争と民事訴訟
  • 第2編 裁判主体の決定
  • 第3編 当事者の確定・選別・能力の補充・拡大と審理の充実・円滑-当事者と代理人・代表者・補佐人
  • 第4編 訴え提起・審判対象と当事者の自己決定権
  • 第5編 訴訟要件
  • 第6編 第一審の審理
  • 第7編 訴訟の修了
  • 第8編 請求・当事者の複数
  • 第9編 裁判に対する不服申立手続
  • 第10編 略式訴訟手続

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民事訴訟法
著作者等 上田 徹一郎
書名ヨミ ミンジ ソショウホウ
書名別名 Minji soshoho
出版元 法学書院
刊行年月 2004.2
版表示 第4版.
ページ数 628, 26p
大きさ 22cm
ISBN 4587036064
NCID BA65361799
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20547332
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想