戦争と有事法制

小池政行 著

「有事法制」とは、何よりも「自衛隊の自由」を優先させる法律だった。日本はどこまで米国に従うのか。国民は守られるのか。シミュレーションを交え問題の核心に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「有事法制」は成立した
  • 第1章 「有事法制」の歩み
  • 第2章 戦争のルール
  • 第3章 「有事法制」審議を読み解く
  • 第4章 日本国憲法と「イラク派兵」
  • 終章 シミュレーション「有事法制、発動す」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争と有事法制
著作者等 小池 政行
書名ヨミ センソウ ト ユウジ ホウセイ
書名別名 Senso to yuji hosei
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2004.1
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 4061496999
NCID BA65349170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20551143
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想