歌舞伎への招待

戸板康二 著

戦後の歌舞伎批評を確立した戸板康二。本書はその記念碑的作品であり、異邦人の鑑賞眼で、芝居通の間で当然のこととされていた「約束事」を、読者にやさしく翻訳してみせる。「花道」に始まり「女方」「菊五郎」「荒事」「黙阿弥」等のテーマで構成される各章では、豊富な挿話・芸談が連句のように華麗に紡ぎ合わされていく。最良にして極上の歌舞伎案内。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 花道
  • 女方
  • 菊五郎
  • 荒事
  • 黙阿弥
  • 二枚目
  • 小道具
  • 大道具
  • おどり
  • 下座
  • 怪談
  • 場景
  • 俳優

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歌舞伎への招待
著作者等 戸板 康二
書名ヨミ カブキ エノ ショウタイ
書名別名 Kabuki eno shotai
シリーズ名 岩波現代文庫 : 文芸
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.1
ページ数 283p
大きさ 15cm
ISBN 4006020805
NCID BA65348757
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20547010
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想