ビザンティン

益田朋幸 著

古代ローマ帝国の後継者として、かつては地中海を内海とする勢力を誇ったビザンティン帝国。滅びた帝国への旅は、私たちに「もう一つのヨーロッパ」という視点を与えてくれる。黄金のモザイク、紺青のフレスコは何を語り出すだろうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ビザンティン世界の歴史と美術(ビザンティン帝国とは何か
  • ビザンティン・ギリシア・日本
  • キリスト教美術の始まり-初期の聖堂と美術
  • 神を描くことはできるのか-イコノクラスムへ ほか)
  • 第2部 ビザンティンの史跡を訪ねて(トルコ
  • ギリシア
  • マケドニア
  • セルビア ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビザンティン
著作者等 益田 朋幸
書名ヨミ ビザンティン
シリーズ名 世界歴史の旅
出版元 山川出版社
刊行年月 2004.1
ページ数 156p
大きさ 21cm
ISBN 4634633108
NCID BA65342411
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20552905
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想