ソフトウェア入門

黒川利明 著

外は変わらないのに中身を替えればすっかり新しい機械になる。当然のようだが以前の機械には考えられないことだ。これがソフトウェアの威力である。空気と同様、日頃はほとんど意識されないが「西暦二〇〇〇年問題」や「ウイルス問題」では、その存在感もアピールした。意外に知らないソフトウェアの現在を、基本からやさしく解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ソフトウェアとは、システムとは(コンピュータについて
  • プログラム内蔵方式計算機 ほか)
  • 2 ソフトウェアの現場で(隠れたソフトウェアと固いソフトウェア
  • ソフトウェアに関わる人々 ほか)
  • 3 試練の中のソフトウェア(ネットワークの衝撃
  • ソフトウェアのハード化 ほか)
  • 4 ソフトウェアの将来像(重要性が増す一方、労働市場縮小の危険も
  • ソフトウェアの新しい形 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソフトウェア入門
著作者等 黒川 利明
書名ヨミ ソフトウェア ニュウモン
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.1
ページ数 194p
大きさ 18cm
ISBN 4004308763
NCID BA65337568
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20555634
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想