家計からみる日本経済

橘木俊詔 著

戦後、目覚ましい高度経済成長を遂げた日本。しかし「成長至上主義」は、一方でゆとりある人間らしい生活を常に犠牲にしてきた。そして、いま長期不況のもとで、その歪みが深刻化している。サービス残業は増え続け、所得格差は広がり、貧困家計も増える一方である。生活者の「家計」から日本経済を分析し、産業重視の政策からの転換を説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 行き先を見失った日本経済(経済成長至上主義の限界
  • 長期不況を脱却するための政策論議 ほか)
  • 第2章 家計からみた戦後の日本経済(戦後日本経済の軌跡-家計の貧困から経済大国へ
  • 消費の拡大 ほか)
  • 第3章 豊かさを実感しない家計の存在(経済成長を支えた長時間労働
  • 高すぎる物価水準 ほか)
  • 第4章 家計の経済危機(貧困家計の増加と所得格差の拡大
  • 長時間労働と失業不安という矛盾 ほか)
  • 第5章 社会保障制度改革と家計の対応策(社会保障制度の改革
  • 低成長下でも豊かに生きていくために)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家計からみる日本経済
著作者等 橘木 俊詔
書名ヨミ カケイ カラ ミル ニホン ケイザイ
書名別名 Kakei kara miru nihon keizai
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.1
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 4004308739
NCID BA65337262
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20555628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想