学習効果の認知心理学

水野りか 著

分散学習のメカニズムを具体的に解明。分散学習はなぜ効果的なのか、どのようなスケジュールでおこなわれるべきか。認知心理学に基づく「再活性化モデル」が明らかにする学習効果のメカニズム。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論(本研究の位置づけ
  • 本論文の構成)
  • 第1部 分散効果の生起過程の解明(分散効果
  • 従来の分散効果の原因説 ほか)
  • 第2部 効果的な分散学習スケジュールの実現(効果的な延長型分散学習スケジュールの提案
  • 延長型分散学習スケジュールの有効性の検証 ほか)
  • 第3部 再活性化説の発展(再活性化説の説明力
  • 記憶研究への示唆 ほか)
  • 総括(本研究のまとめと今後の研究への示唆
  • 教育への示唆)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学習効果の認知心理学
著作者等 水野 りか
書名ヨミ ガクシュウ コウカ ノ ニンチ シンリガク
書名別名 Gakushu koka no ninchi shinrigaku
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2003.12
ページ数 169p
大きさ 22cm
ISBN 4888488142
NCID BA65337171
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20557516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想