英語にも主語はなかった : 日本語文法から言語千年史へ

金谷武洋 著

日本語に「主語」はない。それどころか、英語における「主語」の概念すら、実は歴史上遅れて発生した特殊なものなのだ。「主語」は普遍性を持たない文法概念なのである!千年の言語史を遡行して、「天」の言語と「地」の言語を説き明かす、壮大な比較文法論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 上昇気流に乗った英語
  • 第1章 「神の視点」と「虫の視点」
  • 第2章 アメリカよ、どこへ行く
  • 第3章 英語を遡る
  • 第4章 日本語文法から世界を見る
  • 第5章 最近の主語必要論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英語にも主語はなかった : 日本語文法から言語千年史へ
著作者等 金谷 武洋
書名ヨミ エイゴ ニモ シュゴ ワ ナカッタ : ニホンゴ ブンポウ カラ ゲンゴ センネンシ エ
書名別名 Eigo nimo shugo wa nakatta
シリーズ名 講談社選書メチエ 288
出版元 講談社
刊行年月 2004.1
ページ数 242p
大きさ 19cm
ISBN 4062582880
NCID BA65317720
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20539629
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想