シェイクスピア全集  12 (タイタス・アンドロニカス)

シェイクスピア 著 ; 松岡和子 訳

ローマ将軍タイタス・アンドロニカスは、捕虜であるゴート人の女王タモーラの長男王子を殺して、戦死したわが子たちの霊廟への生贄とする。これを怨んだ残る王子二人は、一転ローマ皇帝妃となったタモーラの狡猾なムーア人情夫、エアロンと共謀。タイタスの娘ラヴィニアを襲って凌辱し、なんとその舌と両手を切断してしまう。怒り狂うタイタス…-血で血を洗う復讐の凄惨な応酬。その結末は!?シェイクスピア初期の衝撃作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シェイクスピア全集
著作者等 Shakespeare, William
松岡 和子
シェイクスピア W.
書名ヨミ シェイクスピア ゼンシュウ
書名別名 タイタス・アンドロニカス

Sheikusupia zenshu
シリーズ名 ちくま文庫
巻冊次 12 (タイタス・アンドロニカス)
出版元 筑摩書房
刊行年月 2004.1
ページ数 211p
大きさ 15cm
ISBN 4480033122
NCID BA65308333
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20540093
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想