異形の心的現象 : 統合失調症と文学の表現世界

吉本隆明, 森山公夫 著

吉本隆明が語る、臨死体験以後の心的現象の新領域。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 文学と統合失調症の心的世界(「精神分裂病」から「統合失調症」へ
  • 『彼岸過迄』の中の「夢幻様」描写の意味 ほか)
  • 第2章 「臨死体験」と原始仏教の世界-死に損なって・体験とその後(「夢幻様」世界に親和性をもつ漱石の作品
  • 死に損なって-溺れた体験とその後 ほか)
  • 第3章 もうひとつの視線-四次元的幻視の心的世界(作家と「夢幻様」体験の親和性-漱石、ドストエフスキー、夢野久作
  • 上からのもうひとつの視線の想像力-『銀河鉄道の夜』の描写 ほか)
  • 第4章 「和解」と「諦念」、そして「内省」-新しい関係世界の脱=構築(不安と葛藤の関係を超えて-固有の世界と折り合いを付ける
  • 対立と孤立を超えて-「内省」のむずかしさ ほか)
  • 補章 僕のメンタルヘルス(『心的現象論序説』における「心」と「精神」
  • 「心の危機」と労働の変質 ほか)
  • 解題(森山公夫)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異形の心的現象 : 統合失調症と文学の表現世界
著作者等 吉本 隆明
森山 公夫
書名ヨミ イギョウ ノ シンテキ ゲンショウ : トウゴウ シッチョウショウ ト ブンガク ノ ヒョウゲン セカイ
出版元 批評社
刊行年月 2003.12
ページ数 213p
大きさ 20cm
ISBN 4826503849
NCID BA65292732
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20540944
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想