落語の博物誌 : 江戸の文化を読む

岩崎均史 著

落語の演出に欠かせない言葉の中から、忘れかけた文化を再発見。十六題の噺に耳を傾け、話芸の中に語られる文物たちの素姓や生い立ちを軽快な筆致で紹介する。落語を楽しみ、落語に学ぶ、ユニークな江戸文化入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 落語の中の彫刻・工芸(「金明竹」-難解タームてんこ盛りの前座噺
  • 「竹の水仙」「三井の大黒」「ねずみ」-名工左甚五郎伝 ほか)
  • 落語の中の絵画(「雁風呂」-土佐光信の屏風
  • 「応挙の幽霊」-幽霊画といえばなぜ応挙 ほか)
  • 落語の中の浮世絵版画(浮世絵版画と落語-落語に登場する江戸の庶民絵画
  • 「幾代餅」 ほか)
  • 落語の中の渡来文物(「らくだ」-名前の由来は渡来動物
  • 「双蝶々」-猿手金唐革の紙入れとは)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 落語の博物誌 : 江戸の文化を読む
著作者等 岩崎 均史
書名ヨミ ラクゴ ノ ハクブツシ : エド ノ ブンカ オ ヨム
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 171
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2004.2
ページ数 184p
大きさ 19cm
ISBN 4642055711
NCID BA65290704
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20546825
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想