老年について

キケロー 著 ; 中務哲郎 訳

古代ローマの政治家・文人大カトーが文武に秀でた二人の若者を自宅に招き自らの到達した境地から老いと死と生について語る、という形をとった対話篇。古代ローマの哲学者・政治家キケロー(前一〇六‐前四三)が人生を語り、老年を謳い上げる。新訳。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 老年について
著作者等 Cicero, Marcus Tullius
中務 哲郎
吉田 正通
Cicero
キケロー
書名ヨミ ロウネン ニ ツイテ
書名別名 Cato maior de senectute

Ronen ni tsuite
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.1
ページ数 131, 16p
大きさ 15cm
ISBN 4003361121
NCID BA65258687
BN00910372
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20560904
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ラテン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想