20世紀の戦争とは何であったか

木畑洋一 編

人類は20世紀の戦争を通して何を経験してきたか、戦争がもたらした変化はどんなものであったのかを、広い視野から考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 近・現代世界と戦争
  • 第1章 近代国民国家と戦争
  • 第2章 総力戦としての二つの世界大戦
  • 第3章 アメリカ合衆国と戦争-朝鮮戦争、ヴェトナム戦争を中心に
  • 第4章 第二次世界大戦とソ連の「戦後」
  • 第5章 戦争と女性-ジェンダーの視点から
  • 第6章 第三世界と戦争

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 20世紀の戦争とは何であったか
著作者等 伊藤 定良
折井 美耶子
木畑 洋一
石井 摩耶子
藤本 博
高田 和夫
書名ヨミ 20セイキ ノ センソウ トワ ナンデアッタカ
書名別名 20seiki no senso towa nandeattaka
シリーズ名 講座戦争と現代 / 後藤道夫, 渡辺治 編集代表 2
出版元 大月書店
刊行年月 2004.1
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 4272200828
NCID BA65206617
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20546471
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想