昭和天皇語録

黒田勝弘, 畑好秀 編

二・二六事件、戦争、新憲法発布、東京オリンピック等、昭和天皇は歴史の重要な局面の数々に立ち会ってきた。天皇の語録は昭和史の貴重な証言であり、そのまま昭和史の克明な記録ともなっている。践祚の勅語から日航機墜落事故への感想まで、史上最長となった在位期間中の天皇発言に、周辺事情を伝える新聞記事等を添えて綴った臨場感あふれる語録集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 昭和一〜九年(践祚
  • 第二次山東出兵 ほか)+昭和十〜十五年(天皇機関説
  • "北支事変" ほか)
  • 昭和十六〜十七年(北部仏印駐屯
  • 日米交渉 ほか)
  • 昭和十八〜二十年(終戦前)(アッツ島玉砕
  • 汪兆銘との会見 ほか)
  • 昭和二十(終戦後)〜二十一年(東久迩内閣成立
  • 「ニューヨーク・タイムズ」特派員との会見 ほか)
  • 昭和二十二〜二十五年(第一回国会
  • 東北巡幸 ほか)
  • 昭和二十六〜四十年(マッカーサー元帥解任
  • 講和条約調印 ほか)
  • 昭和四十一〜四十九年(地方自治法施行二十周年
  • 明治百年 ほか)
  • 昭和五十〜六十年(米国ジャーナリストとの会見
  • アメリカ訪問 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和天皇語録
著作者等 昭和天皇
畑 好秀
黒田 勝弘
書名ヨミ ショウワ テンノウ ゴロク
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2004.1
ページ数 365p
大きさ 15cm
ISBN 4061596314
NCID BA65177621
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20545748
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想