絵画の見かた

ケネス・クラーク 著 ; 高階秀爾 訳

レオナルド・ダ・ヴィンチの『聖アンナと聖母子』を分析して名画とは何かを改めて考えさせ、ベラスケスの色調の移り変わりの正確さを音楽における絶対音感に譬え、そして画面の表面を奥行きよりもいっそう重要と考えたエル・グレコのうちに近代絵画の先駆者をみる…。より深い美術体験へと読者を誘う名エッセイ16編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ティツィアーノ『キリストの埋葬』
  • ベラスケス『宮廷の侍女たち』
  • ロヒール・ヴァン・デル・ウェイデン『十字架降下』
  • ドラクロワ『十字軍のコンスタンティノープル入城』
  • ラファエッロ『漁獲の奇跡』
  • ヴァトー『ジェルサンの看板』
  • エル・グレコ『聖衣剥奪』
  • ヤン・フェルメール『アトリエの画家』
  • コンスタブル『跳ね上がる馬の習作』
  • ゴヤ『一八〇八年五月三日』
  • スーラ『アニエールの水浴』
  • ターナー『海の吹雪』
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ『聖アンナと聖母子』
  • クールベ『画家のアトリエ』
  • ボッティチェッリ『神秘の降誕』
  • レンブラント『自画像』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絵画の見かた
著作者等 Clark, Kenneth McKenzie
高階 秀爾
Clark Kenneth
クラーク ケネス
書名ヨミ カイガ ノ ミカタ
出版元 白水社
刊行年月 1977.4
ページ数 254p (図共)
大きさ 21cm
ISBN 456007366X
NCID BA65094240
BN00302275
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
77025889
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想