ことわざの謎 : 歴史に埋もれたルーツ

北村孝一 著

西洋起源のことわざの定着過程は日本の近代史、とりわけ庶民の社会史と重なり合う。日本語に定着したことわざは、必ずしも本来の意味や用法をそのまま伝えているとはかぎらない。その微妙なずれは、小さな手鏡のように、ことわざの生きてきた時代の断面を映し出し、日頃気づきにくい日本語の特性や日本人の感性の一端まで明らかにしてくれるのではないか。誰が創って、流行らせた?知ってるようで知らない日本語のドラマと奥深さ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生き残ることわざ-二兎を追う者は一兎をも得ず、一石二鳥
  • 第2章 日本的解釈はなぜ生まれたか-艱難汝を玉にす
  • 第3章 たった一字が左右した名訳-溺れる者は藁をもつかむ
  • 第4章 時間とお金の限られた価値-時は金なり
  • 第5章 抹殺された表現-天は自ら助くる者を助く
  • 第6章 未解明のルーツ-大山鳴動して鼠一匹
  • 第7章 ことわざ本来の姿-鉄は熱いうちに打て

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ことわざの謎 : 歴史に埋もれたルーツ
著作者等 北村 孝一
書名ヨミ コトワザ ノ ナゾ : レキシ ニ ウモレタ ルーツ
書名別名 Kotowaza no nazo
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2003.12
ページ数 267p
大きさ 18cm
ISBN 433403229X
NCID BA65091162
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20536789
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想