ネットワーク産業の経済分析 : 公益事業の料金規制理論

江副憲昭 著

ネットワーク産業は社会のインフラの公益事業として公的に管理され、規制されている。この分野について、情報の非対称性、ゲーム論、インセンティブなど多くの分析ツールを使いながら、おもに料金設計の視点から電力事業や通信事業の効率的で合理的な事業発展の方法を理論的に追究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ネットワーク産業の課題
  • 第2章 料金規制理論の基礎
  • 第3章 インセンティブ規制の理論
  • 第4章 インセンティブ規制の政策
  • 第5章 自己割当料金モデル
  • 第6章 選択的自己割当料金モデル
  • 第7章 遮断条件付き負荷管理モデル
  • 第8章 ネットワークとアクセスチャージ
  • 第9章 ネットワークと非価格差別
  • 第10章 電力市場における小売供給市場の構造分析

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ネットワーク産業の経済分析 : 公益事業の料金規制理論
著作者等 江副 憲昭
書名ヨミ ネットワーク サンギョウ ノ ケイザイ ブンセキ : コウエキ ジギョウ ノ リョウキン キセイ リロン
出版元 勁草書房
刊行年月 2003.12
ページ数 260p
大きさ 22cm
ISBN 4326502444
NCID BA65082161
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20537566
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想