書物の中世史

五味文彦 著

書物は世界を帯びている。ジャンルを超えた綿密広範な史料渉猟から書物を結ぶ有機的関係を捉え、日本中世の知のネットワークを鮮やかに呈示。文学と歴史学に架橋する画期的「書物史」の誕生。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 書物史の方法-『本朝書籍目録』を素材に
  • 1 中世の書物世界の枠組み
  • 2 書物の表と裏
  • 3 王法と仏法の言説
  • 4 説話の文法
  • 5 書物世界の再編
  • 終章 読者と観衆の誕生-『野守鏡』と絵巻

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書物の中世史
著作者等 五味 文彦
書名ヨミ ショモツ ノ チュウセイシ
出版元 みすず書房
刊行年月 2003.12
ページ数 515, 33p
大きさ 22cm
ISBN 4622070774
NCID BA65076293
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20538840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想