科学万華鏡

野口精一郎 著

20世紀は科学と技術の世紀であった。科学の研究は、極微の素粒子の世界を書き表わす量子物理学から、広大な広がりを持つ大宇宙を対象とする宇宙物理学まで、古典物理学の範囲を超えて人類の知識の範囲を拡大し、私たちの世界観を大きく変革した。また、科学の進歩は私たちの生活を格段に豊かにすると同時に、原水爆をはじめとする兵器の進歩を推し進め、私たちの平和を脅かしている。20世紀は戦争、内戦、難民の世紀でもあった。このような20世紀の科学・技術を回想して、高校生から、社会人まで、理系以外の人にも理解していただけるように、エッセイ風にまとめてみたのが本書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 原子力
  • 超電導
  • 地球:この不思議な星
  • 太陽系の惑星たち
  • 星までの距離を測る
  • 銀河散歩
  • 宇宙の果てへの旅
  • 源流を溯って
  • 自動車:この魅惑的機械
  • "炭素"は魔法使い〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学万華鏡
著作者等 野口 精一郎
書名ヨミ カガク マンゲキョウ
出版元 アグネ技術センター
刊行年月 2003.12
ページ数 231p
大きさ 21cm
ISBN 4901496123
NCID BA65058870
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20544813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想