双調平家物語  11

橋本治 著

源家嫡流・悪源太の首が打たれ、頼朝は流罪に。後白河院と二条帝の新たなる角逐とその狭間で復活を果たす摂関家。…乱後の政局は動き、欲を知らぬ清盛は己れの意志とは関係なく栄華の道を駆け上る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 悪源太漂泊
  • 清盛変貌
  • 二代后
  • 分水嶺
  • 御親子相剋
  • 頼朝命乞
  • 桟敷諍
  • 御幸
  • 二卿追放
  • 嘆願常盤〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 双調平家物語
著作者等 橋本 治
書名ヨミ ソウジョウ ヘイケ モノガタリ
巻冊次 11
出版元 中央公論新社
刊行年月 2003.12
ページ数 337p
大きさ 21cm
ISBN 4124901313
NCID BA65055850
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20540412
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
平家の巻 承前
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想