プーシキンとロシア・オペラ

田辺佐保子 著

プーシキンは三十八年にも満たない短い生涯でありながら、近代ロシア文学の父として光り輝く。ゴーゴリ、ドストエフスキイ、ツルゲーネフ、チェーホフ、ブローク、アフマートワ、ツヴェターエワ、オクジャワー…、後に続く多くの作家に称えられ、文学以外の芸術ジャンルにも多大な影響を及ぼしてきた。その霊感をとりわけ深く授けられたのがオペラだろう。民族色豊かな叙事的ファンタジー『ルスランとリュドミーラ』(グリンカ)、歴史的事件を雄渾に描ききる『ボリス・ゴドゥノフ』(ムソルグスキイ)、愛の運命を繊細にたどる『エヴゲーニイ・オネーギン』(チャイコフスキイ)、賭博の狂気に弄ばれる『スペードの女王』(チャイコフスキイ)、帝国の滅亡を軽やかに嗤う『金鶏』(リムスキイ=コルサコフ)。プーシキン原作による傑作五大オペラに、原作の香とステージの華やぎの違いを追い、プーシキンの煌めきとロシアの魂、そして何よりロシア・オペラの愉しさを謳う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ロシア・オペラの霊感の泉、プーシキン
  • 1 ルスランとリュドミーラ(グリンカ作曲)
  • 2 ボリス・ゴドゥノフ(ムソルグスキイ作曲)
  • 3 エヴゲーニイ・オネーギン(チャイコフスキイ作曲)
  • 4 スペードの女王(チャイコフスキイ作曲)
  • 5 金鶏(リムスキイ=コルサコフ作曲)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プーシキンとロシア・オペラ
著作者等 田辺 佐保子
書名ヨミ プーシキン ト ロシア オペラ
出版元 未知谷
刊行年月 2003.12
ページ数 214, 21p
大きさ 20cm
ISBN 4896420896
NCID BA65046496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20527482
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想