蜻蛉玉

内田百間 著

「芸はどこまでも磨かなければならぬが、その鍛錬と云う事に意味があるのであって、鍛錬すれば上達するとはきまっていない」「…若い人は何か一芸を身につける様にすすめ度い。芸道も学問の一つである。ただそれによって身を立てない限り道楽と呼ぶゆとりがある」(「道楽のすすめ」より)鳥飼、虫のこえ、琴、…道楽者の面目躍如たるアンソロジー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 阿呆の鳥飼
  • 蜻蛉玉
  • 風呂敷包
  • 伝書鳩
  • 目白
  • 鶏鳴
  • 雀の塒
  • 牝鶏之晨
  • 銘鴬会
  • 続銘鴬会〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蜻蛉玉
著作者等 内田 百間
内田 百〓
書名ヨミ トンボダマ
書名別名 Tonbodama
シリーズ名 内田百間集成 / 内田百間 著 15
ちくま文庫 15
出版元 筑摩書房
刊行年月 2003.12
ページ数 346p
大きさ 15cm
ISBN 4480038957
NCID BA6503352X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20550239
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想