生体信号処理の基礎

佐藤俊輔, 吉川昭, 木竜徹 共著

本書は、MEテキストとして書かれたものであるが、理工系の他の分野の学生にとっても役に立つことをモットーとした。信号処理、とくにスペクトル解析を主体とした信号処理はかなり完成されており、また、パーソナルコンピュータ(パソコン)の普及に伴って、パソコン上での処理を念頭においた信号処理のレシピやソフトウェアが多く出回っている。このような中で、本書では、信号処理の基本になる信号理論をわかりやすく展開し、なぜ信号処理をするかということが理解できるように心掛けた。信号理論の歴史は古く、それは関数解析や定常確率過程論の枠組みで研究されてきた。本書もその線での信号理論の解説になっている。したがって、最近、生体信号についてダイナミカルシステム理論との関係やカオスやフラクタルとの関連で研究され始めているが、それについては述べていない。代わりに時間‐周波数解析などをウェーブレットとの関係で考察する章を設けた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序章
  • 2 フーリエ級数とフーリエ変換
  • 3 定常不規則信号
  • 4 線形システムと周波数伝達関数
  • 5 信号の離散化と離散信号
  • 6 離散システム
  • 7 スペクトル推定
  • 8 フィルタ
  • 9 点過程
  • 10 時間‐周波数解析

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生体信号処理の基礎
著作者等 佐藤 俊輔
吉川 昭
木竜 徹
日本エムイー学会
書名ヨミ セイタイ シンゴウ ショリ ノ キソ
シリーズ名 ME教科書シリーズ / 日本エム・イー学会 編 A-2
出版元 コロナ社
刊行年月 2004.1
ページ数 203p
大きさ 26cm
ISBN 4339071323
NCID BA64994235
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20543774
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想