メタボローム研究の最前線

冨田勝, 西岡孝明 編

生命の理解には、ゲノム、トランスクリプトーム、プロテオームの解析に加え、細胞内の低分子代謝物質を網羅的に解析するメタボローム解析が非常に重要となる。基礎から測定技術、バイオサイエンスへの応用、インフォマティクスまで、メタボローム研究をいち早く紹介する待望のレビュー集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序論-メタボローム概説
  • 2 メタボロームの最新技術(CE‐MSによるメタボローム測定法
  • ESI‐MSによるメタボローム測定法
  • HPLCおよびLC‐MSによる選択的メタボローム測定法 ほか)
  • 3 バイオサイエンスへの応用(枯草菌のメタボローム解析とトランスクリプトーム解析
  • イネのメタボローム解析
  • シロイヌナズナのメタボローム解析 ほか)
  • 4 メタボロームインフォマティクス(KEGGデータベース
  • ARMデータベース
  • GEMシステム ほか)
  • 5 終論-メタボローム解析と医療

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メタボローム研究の最前線
著作者等 富田 勝
西岡 孝明
書名ヨミ メタボローム ケンキュウ ノ サイゼンセン
シリーズ名 Springer reviews
出版元 シュプリンガー・フェアラーク東京
刊行年月 2003.11
ページ数 222p
大きさ 26cm
ISBN 4431710639
NCID BA64975401
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20536712
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想