動物と人間の世界認識 : イリュージョンなしに世界は見えない

日高敏隆 著

意味を与えられてはじめてものは存在する。動物たちは自分たちのまわりの世界をどのように認識しているのだろうか。動物たちを知り、われわれ人間の世界認識について考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • イリュージョンとは何か
  • ネコたちの認識する世界
  • ユクスキュルの環世界
  • 木の葉と光
  • 音と動きがつくる世界
  • 人間の古典におけるイリュージョン
  • 状況によるイリュージョンのちがい
  • 科学に裏づけられたイリュージョン
  • 知覚の枠と世界
  • 人間の概念的イリュージョン
  • 輪廻の「思想」
  • イリュージョンなしに世界は認識できない
  • われわれは何をしているのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物と人間の世界認識 : イリュージョンなしに世界は見えない
著作者等 日高 敏隆
書名ヨミ ドウブツ ト ニンゲン ノ セカイ ニンシキ : イリュージョン ナシ ニ セカイ ワ ミエナイ
書名別名 Dobutsu to ningen no sekai ninshiki
出版元 筑摩書房
刊行年月 2003.12
ページ数 186p
大きさ 20cm
ISBN 4480860681
NCID BA64936261
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20552334
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想