メディアと人間の発達 : テレビ,テレビゲーム,インターネット,そしてロボットの心理的影響

坂元章 編

本書では、冒頭に掲げた「メディアは人間の発達にどのような影響を及ぼすか」という問いに答えるために、近年になって急速に拡大している実証研究(とくに心理学と関連分野における)の動向とその成果について、網羅的かつ組織的に解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 テレビの影響(メディアと乳幼児
  • テレビと認知能力 ほか)
  • 第2部 テレビゲームの影響(テレビゲームと認知能力
  • テレビゲームと暴力 ほか)
  • 第3部 インターネットの影響(インターネットと情報活用能力
  • メディアと国際理解 ほか)
  • 第4部 ロボットの影響(ロボットの影響-対ロボット知覚と有効利用、そして悪影響論)
  • 第5部 メディア人間発達学の構築に向けて(メディア研究を人間発達の視点から考える)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メディアと人間の発達 : テレビ,テレビゲーム,インターネット,そしてロボットの心理的影響
著作者等 坂元 章
書名ヨミ メディア ト ニンゲン ノ ハッタツ : テレビ テレビ ゲーム インターネット ソシテ ロボット ノ シンリテキ エイキョウ
出版元 学文社
刊行年月 2003.12
ページ数 247p
大きさ 22cm
ISBN 4762012629
NCID BA64935917
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20535684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想