トヨタシステムと国際戦略 : 組織と制度改革の展望

影山僖一 著

本書は、トヨタ自動車の国内・海外における成功要因を探求し、その効率的な事業活動システムの構築や、新車開発・販売方式の諸特徴を捉え、理論的な解説を行なう。経営戦略論を中心として、日本の自動車産業における発展要因の社会科学的解明をめざした新たな理論的アプローチ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 高度情報化社会への対応-ISMのベスト・ミックス
  • 第1章 トヨタ成功要因の解明
  • 第2章 トヨタシステムにおける経営戦略
  • 第3章 クラスター産業とステーク・ホルダー
  • 第4章 総合商業戦略と重商主義-日本的生産方式について
  • 第5章 国際化する企業経営戦略とトヨタシステム
  • 第6章 高度知識社会とクルマ産業
  • 第7章 モータリゼーション社会と制度変革

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トヨタシステムと国際戦略 : 組織と制度改革の展望
著作者等 影山 僖一
書名ヨミ トヨタ システム ト コクサイ センリャク : ソシキ ト セイド カイカク ノ テンボウ
シリーズ名 Minerva現代経営学叢書 21
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2003.11
ページ数 237p
大きさ 22cm
ISBN 4623036960
NCID BA64929594
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20537416
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想