バリュー・アット・リスクのすべて

フィリップ・ジョリオン 著 ; 杉本正隆 訳

リスク管理分野の必携書『バリュー・アット・リスクのすべて』を大幅に増補改訂!!特徴として、流動性リスクやオペレーショナルリスク、リーガルリスク、リスクマネジメントのための情報システムといったこれまで脇役的存在であった要素にも注目している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 動機付け(リスクマネジメントの必要性
  • 金融巨額損失事件からの教訓 ほか)
  • 第2部 VARシステムを理解するための構成要素(ファイナンシャルリスクの測定
  • Value at Riskの計算 ほか)
  • 第3部 VARシステムの構築(VARの測定手法
  • ストレステスト ほか)
  • 第4部 リスクマネジメントシステムの実践(リスクの測定とコントロールのためにVARを使う
  • アクティブリスクマネジメントためにVARを使う ほか)
  • 第5部 リスクマネジメントの深化(リスクマネジメント:ガイドラインとその落とし穴
  • 終わりと始まり)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バリュー・アット・リスクのすべて
著作者等 Jorion, Philippe
杉本 正隆
ジョリオン フィリップ
書名ヨミ バリュー アット リスク ノ スベテ
書名別名 Value at risk. (2nd ed.)
シリーズ名 金融職人技シリーズ no.39
出版元 シグマベイスキャピタル
刊行年月 2003.11
版表示 新版.
ページ数 624p
大きさ 22cm
ISBN 4916106709
NCID BA6491753X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20622033
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想