酒乱になる人、ならない人

眞先敏弘 著

日本人の六人に一人は「酒乱」?「酒乱」遺伝子を持っていて、かつ「下戸」遺伝子を持っていない人、それが酒乱になるための必要条件である。この条件には、なんと日本人の六分の一が該当する。自分の「酒乱」が実は遺伝子のせいであると知ったら?「酒豪」も遺伝子のおかげだと分かったら?本書は、アルコールが細胞や脳にもたらす「酔い」や、「酒乱」のメカニズムを最新の研究をもとに科学的に解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 あなたのアルコール依存度は?
  • 2 エタノールの吸収と代謝
  • 3 細胞レベルでの酩酊
  • 4 大脳レベルでの酩酊
  • 5 酒を好む遺伝子
  • 6 アルコール依存症
  • 7 酒乱-その大脳生理学的解釈
  • 8 アルコールの脳への毒性
  • 9 男と女ではどちらが酒に強いか
  • 10 酒と社会
  • 11 上手な酒の楽しみ方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 酒乱になる人、ならない人
著作者等 眞先 敏弘
真先 敏弘
書名ヨミ シュラン ニ ナル ヒト ナラナイ ヒト
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2003.12
ページ数 202p
大きさ 18cm
ISBN 4106100487
NCID BA64905621
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20536782
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想