転換期の福祉国家

G.エスピン-アンデルセン 編 ; 埋橋孝文 監訳

福祉国家の可能性。ヨーロッパ、北アメリカ、東アジアなどの福祉政策を紹介し、グローバル経済のもとでの新しい福祉国家のあり方をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 黄金時代の後に?-グローバル時代における福祉国家のジレンマ
  • 2 スカンジナビアの福祉国家-達成、危機と展望
  • 3 労働なき福祉国家-大陸ヨーロッパ社会政策における労働削減政策と家族主義の袋小路
  • 4 ニードにもとづく社会保護の戦略-オーストラリアとニュージーランド
  • 5 市場が失敗したとき-カナダとアメリカ合衆国における社会福祉
  • 6 東アジア福祉国家-逍遙的学習、適応性のある変化、国家建設
  • 7 トレードオフの世界でのプラスサム的解決?
  • 補論 日本型福祉国家の位置と動態

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 転換期の福祉国家
著作者等 Esping-Andersen, Gøsta
埋橋 孝文
Esping‐Andersen Gosta
エスピン‐アンデルセン イエスタ
書名ヨミ テンカンキ ノ フクシ コッカ : グローバル ケイザイカ ノ テキオウ センリャク
書名別名 Welfare states in transition. (抄訳)

グローバル経済下の適応戦略

Tenkanki no fukushi kokka
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 2003.12
ページ数 351p
大きさ 21cm
ISBN 4657039229
NCID BA64902408
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20569379
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想