消費課税の理論と課題

宮島洋 編著

本書は付加価値税(消費税)を中心としつつも、個別消費税、特定財源諸税及び流通税も考察の対象としている。本書の狙いは長期的な視点に立って、21世紀の消費課税のあり方を理論的、実証的に考察することである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 消費課税の理論と課題
  • 第2章 税制改革-支出税の視点
  • 第3章 付加価値税と個別消費税
  • 第4章 消費課税の国際的動向
  • 第5章 帳簿方式及び簡易課税制度の検討
  • 第6章 消費税の税率構造
  • 第7章 消費税の負担構造
  • 第8章 消費税の福祉目的税化問題
  • 第9章 消費税の納付及び税務行政
  • 第10章 流通税と金融・資本市場
  • 第11章 目的税及び特定財源の再検討

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消費課税の理論と課題
著作者等 宮島 洋
書名ヨミ ショウヒ カゼイ ノ リロン ト カダイ
シリーズ名 21世紀を支える税制の論理 / 木下和夫, 金子宏 監修 第6巻
出版元 税務経理協会
刊行年月 2003.12
版表示 2訂版.
ページ数 277p
大きさ 22cm
ISBN 4419042575
NCID BA64861300
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20531611
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想