インターネットは民主主義の敵か

キャス・サンスティーン 著 ; 石川幸憲 訳

インターネットでの言論は「絶対に自由」であるべきだ-ネット第一世代が唱えたその主張に対し、著者は自由と民主主義の原理にもとづき異議を申し立てる。出版以来、全米に賛否両論を巻き起こした本書は、インターネットの将来のみならず、「討議型民主主義」と「表現の自由」に関心あるすべての方への基本書といえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 デーリーミー
  • 第2章 アナロジーと理想
  • 第3章 分裂とサイバー・カスケード
  • 第4章 社会の接着剤と情報伝播
  • 第5章 市民
  • 第6章 規制とは何か
  • 第7章 言論の自由
  • 第8章 政策と提案
  • 第9章 結論リパブリック・コム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インターネットは民主主義の敵か
著作者等 Sunstein, Cass R.
石川 幸憲
Sunstein Cass
サンスティーン キャス
書名ヨミ インターネット ワ ミンシュ シュギ ノ テキ カ
書名別名 Republic.com
出版元 毎日新聞社
刊行年月 2003.11
ページ数 223p
大きさ 20cm
ISBN 4620316601
NCID BA64855997
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20528442
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想