スポーツ外傷・障害のアウフバウトレーニング : 競技復帰のための基礎と実践

Dieter Ehrich, Reinhard Gebel 著 ; 福林徹 監訳 ; 今井純子 訳

本書においては従来のアウフバウトレーニング法をさらに発展させる形でメディカルトレーニングセラピーと名付け全体を5段階に分けている。従来のアウフバウトレーニング法では第1段階の可動性トレーニング、第2段階の安定化トレーニング、第3段階の機能的筋力トレーニング、第4段階の機能的筋負荷トレーニングまでであったが、今回さらに第5段階の予防的機能トレーニングが加わった。この再発予防のためのトレーニングは再受傷の危険性を回避するための新しい概念であり21世紀の予防医学の時代にマッチしたスポーツ医学的発想と思われる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 基礎理論編
  • セラピーの実践(膝関節傷害後のトレーニングセラピー
  • 足関節傷害後のトレーニングセラピー
  • 筋の傷害後のトレーニングセラピー
  • 脊柱の傷害後のトレーニングセラピー
  • 肩の傷害後のトレーニングセラピー)
  • エクササイズ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スポーツ外傷・障害のアウフバウトレーニング : 競技復帰のための基礎と実践
著作者等 Ehrich, Dieter
Gebel, Reinhard
今井 純子
福林 徹
ゲーベル ラインハルト
エーリヒ ディーター
書名ヨミ スポーツ ガイショウ ショウガイ ノ アウフバウトレーニング : キョウギ フッキ ノ タメ ノ キソ ト ジッセン
書名別名 Therapie und Aufbautraining nach Sportverletzungen

Supotsu gaisho shogai no aufubautoreningu
出版元 文光堂
刊行年月 2003.11
ページ数 318p
大きさ 24cm
ISBN 4830651385
NCID BA64799499
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20594012
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想