複素超曲面の特異点

J.W.ミルナー 著 ; 佐伯修, 佐久間一浩 訳

複素超曲面の特異点は、微分位相幾何と代数幾何の両者にまたがるテーマであり、本書はこの主テーマを、ミルナー・ファイブレーション、エキゾチック球面、代数的集合、曲線選択補題、モース理論、ブリスコーン多様体などの豊富な話題と具体例を盛り込んで明快に解説している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論
  • 第2章 実あるいは複素代数的集合に関する初等的事実
  • 第3章 曲線選択補題
  • 第4章 ファイブレーション定理
  • 第5章 ファイバーとKのトポロジー
  • 第6章 孤立臨界点の場合
  • 第7章 ファイバーの中間次元ベッチ数
  • 第8章 Kは位相的球面か?
  • 第9章 ブリスコーン代数多様体と擬斉次多項式
  • 第10章 古典的な場合:C2内の曲線
  • 第11章 実特異点に対するファイブレーション定理
  • 付録A 代数的集合に対するホイットニーの有限性定理
  • 付録B 解析的方程式の孤立解の重複度

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 複素超曲面の特異点
著作者等 Milnor, John Willard
佐久間 一浩
佐伯 修
ミルナー ジョン・ウィラード
書名ヨミ フクソ チョウキョクメン ノ トクイテン
書名別名 Singular points of complex hypersurfaces
シリーズ名 シュプリンガー数学クラシックス 第13巻
出版元 シュプリンガー・フェアラーク東京
刊行年月 2003.11
ページ数 221p
大きさ 22cm
ISBN 4431710736
NCID BA64735623
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20534522
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想