セロトニン欠乏脳 : キレる脳・鬱の脳をきたえ直す

有田秀穂 著

キレる子どもや鬱の大人の脳では、セロトニン神経が衰弱し、脳内物質が欠乏している。不安や恐怖、興奮を適度に抑え、覚醒時のクールな意識(とらわれない心)を演出するセロトニン神経の不思議な働きを明らかにする。リズム運動できたえ、昼夜逆転した生活習慣を見直すことなどで、弱った脳と心に静かなパワーをとり戻す方法を、脳科学研究の最前線から提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • キレる子どもが増えていく
  • うつ症状に悩む人へのメッセージ
  • オーケストラを束ねる指揮者
  • セロトニン神経をきたえるコツ
  • α(アルファ)波が現れる
  • 釈迦は壮絶な実験家
  • セロトニン神経が弱ると…
  • キレる子どもたち
  • 太陽の光
  • サプリメントには手を出すな
  • パニック障害
  • 只管打坐
  • 石の上にも三年
  • 平常心
  • 透明な心
  • セロトニン神経を鍛える一〇か条
  • 呼吸ニューロンと潮騒と坐禅

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 セロトニン欠乏脳 : キレる脳・鬱の脳をきたえ直す
著作者等 有田 秀穂
書名ヨミ セロトニン ケツボウ ノウ : キレル ノウ ウツ ノ ノウ オ キタエナオス
シリーズ名 生活人新書
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2003.12
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4140880937
NCID BA64725415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20532065
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想