アイヌが生きる河

北川大 著

アイヌは"人間"という意味だ。本当はアイヌもシャモもないんだ-写真家としてアイヌと関わりながら、日本人である自分を見つめ直した13年間の記録。それは、ありのままの自分を克明に見つめる作業でもあった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 一九八九年、八月初めのその朝
  • 第1章 見えない境界線
  • 第2章 沈む土地
  • 第3章 凍った記憶
  • 第4章 一枚の地図
  • 第5章 巡礼の村
  • 第6章 アイヌを生きる
  • エピローグ 二〇〇一年八月二七日午後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アイヌが生きる河
著作者等 北川 大
書名ヨミ アイヌ ガ イキル カワ
書名別名 Ainu ga ikiru kawa
出版元 樹花舎 : 星雲社
刊行年月 2003.11
ページ数 292p
大きさ 18cm
ISBN 4434035495
NCID BA64720772
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20514656
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想