円安vs円高 : どちらの道を選択すべきか

藤巻健史, 宿輪純一 著

通貨政策は経済再生の切り札!為替を理解すれば正しい運用先もみえてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本は今こそ本気で円安政策を(なぜ円安が必要か
  • なぜ日本は「失われた一〇年」になってしまったのか
  • 円安が景気回復に役立つプロセス-資産効果 ほか)
  • 第2章 円高政策による経済改革の道(円高政策の目的-日本経済を強くするには円高政策しかない
  • 通貨政策の意味を正しく理解することが必要
  • なぜ円高で経済が良くなるか ほか)
  • 第3章 日本の通貨政策を斬る(日本の通貨政策
  • 資産インフレとアメリカの対応
  • 日本に求められているのは何か)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 円安vs円高 : どちらの道を選択すべきか
著作者等 宿輪 純一
藤巻 健史
書名ヨミ エンヤス vs エンダカ : ドチラ ノ ミチ オ センタクスベキカ
書名別名 En'yasu vs endaka
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2003.11
ページ数 227p
大きさ 20cm
ISBN 4492681213
NCID BA64719820
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20517570
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想