人体を戦場にして : 医療小史

ロイ・ポーター 著 ; 目羅公和 訳

時をこえて、病苦から逃れ健康や不死を希求してきた医と病の果てしなき闘いを医療社会史の視点に立って究明する。病気の発生と対応、古代療法家から今日の医者への移行と役割、古代ヒンドゥー教の長寿術からバイアグラに至る医薬の研究開発、床屋の無麻酔外科手術から現代の高度な移植手術への発展、キリスト教の救護施設から強大な医療病院への変遷、そして現代社会の医学などが貴重な資料・図版を通して描き出される。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 病気
  • 第2章 医者
  • 第3章 体
  • 第4章 研究所
  • 第5章 治療法
  • 第6章 外科手術
  • 第7章 病院
  • 第8章 現代社会における医療

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人体を戦場にして : 医療小史
著作者等 Porter, Roy
目羅 公和
ポーター ロイ
書名ヨミ ジンタイ オ センジョウ ニ シテ : イリョウ ショウシ
書名別名 Blood and guts

Jintai o senjo ni shite
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2003.12
ページ数 220, 27p
大きさ 20cm
ISBN 4588022199
NCID BA6470454X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20580582
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想