戦時期日本資本主義の戦略と組織

大場四千男 著

本書は、日本資本主義の発達を戦略と組織論とに基づいてマクロ分析したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 軍事学の戦略と戦術
  • 第1章 転換期日本の貿易構造と南方資源(イギリス型中継貿易の原型
  • 日本の貿易構造の発達 ほか)
  • 第2章 日中戦争期戦時統制経済の形成と応急的物価対策(戦時統制経済の均衡について
  • 応急的物価対策-暴利取締令改正 ほか)
  • 第3章 アメリカの対日政策とパワー・ポリティクス(パワー・ポリティクス論とアメリカの対日政策
  • 英米不可分論とアメリカ外交)
  • 第4章 ビルマ作戦の兵站線と輸送問題(ビルマ作戦の立案と大東亜共栄圏構想
  • ビルマ作戦の兵站線)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦時期日本資本主義の戦略と組織
著作者等 大場 四千男
書名ヨミ センジキ ニホン シホン シュギ ノ センリャク ト ソシキ
書名別名 Senjiki nihon shihon shugi no senryaku to soshiki
出版元 北樹
刊行年月 2003.11
ページ数 202p
大きさ 22cm
ISBN 4893849263
NCID BA64642770
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20532458
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想